ABOUT

金沢ひがし茶屋街 懐華樓のお店
金沢ひがし茶屋街 懐華樓のお店

懐華樓(かいかろう)は、金沢ひがし茶屋街の中ほどにある、金沢で一番大きなお茶屋です。 金沢ひがし茶屋街は、文政三年(1820年)に加賀藩主前田公による街割りで設置されました。弁殻格子と石畳が続くこの街で「懐華樓」は金沢市指定保存建造物として昼は一般に広く公開し、夜は一見さんお断りを通して趣きをそのままに伝統文化を守り続けています。 懐華樓の一階にはカフェとここでしか買えないグッズやコスメ、お菓子などを販売しています。 本来なら店頭でしか買えない品ですが、一度ご購入いただいたお客様からの「もう一度買いたい」というお声を受けて、ネットショップでの販売も開始いたしました。 懐華樓の女将が厳選した品をぜひご覧ください。